19/5~19/6 収支報告

子猫の譲渡数が多く、前回までの大幅な赤字が改善されました
医療費が高額であった理由として、初期検査、治療の必要な保護子猫が75匹もいたこと
保護子猫の中に簡易ウイルスチェックで猫エイズ陽性の猫が10匹おり、全てに遺伝子検査をしたことでも医療費がふくらみました
しかし、皆様から多くのフードのご支援を頂き、75匹分のフード代金をずいぶん抑える事ができました
ありがとうございました